大腸がんに気をつけよう|定期的に検診を受けよう

先生

予防する食べ物と検診方法

女性医師

肺がんを予防できる食べ物は、抗酸化作用に優れた野菜や果物です。普段から抗酸化食材やサプリで活性酵素を取り除いておけば、発がんを未然に防ぎやすくなります。肺がんを早期発見するためにも、検診はCTやPETのある病院がおすすめです。身体にメスを入れなくても、肺にがん細胞がないか調べることが可能です。

Read More..>>

怖いものも

医者と患者

胃がんは早期発見されると治療が比較的簡単です。しかしスキルス胃がんと言われるタイプのものは発見が難しく、死亡率が普通のものに比べ極めて高いです。きちんと病院で詳細な検査を行うと、発見できることもあります。

Read More..>>

免疫機能を高めるガン治療

3人の先生

ガンの治療には手術、抗ガン剤、放射線がメインでしたが、そこに免疫治療が加わったのです。人間がもともと持っている免疫機能を高めてガン細胞の再発や転移を防ぐ治療法です。副作用がないので人気があります。最近は免疫機能がガン細胞をやっつけるメカニズムが解明され、ガンを攻撃する免疫治療が行われています。

Read More..>>

40歳すぎたら検診を

大腸がんの症状について知るなら基礎知識から学べるこちらのサイトをチェックしてみてはいかがですか?分かりやすく紹介していますよ。

便の検査だけで良い

病室

食生活が欧米化したために大腸がんになる日本人が増えています。肉や油を多く摂ると消化に時間がかかる上、消化のために胆汁の分泌が増えます。胆汁には発がん性のある物質も含まれているので、大腸がんになるリスクが高くなるのです。大腸がんを防ぐためには日ごろから食物繊維が含まれている野菜や果物などを沢山摂るように心がけることが大切です。また大腸がんはがん検診を受けると早期発見しやすいがんの1つです。検診というと痛みを伴うのではないかと怖がって受けるのをためらう人もいますが、便を採取して検査をしてもらうだけで良いので痛みもなく医師に体を見せる必要もありません。便の検査で異常があれば医師に診察を受けることになります。

検診費用も補助がある

大腸がんは腫瘍が2センチ以下であれば内視鏡による手術ですむので、傷も小さく体力の回復も早くなります。手術の他に抗がん剤治療や放射線治療を併用する場合もあります。また自分の免疫力を高めて腫瘍を小さくする免疫療法も最近注目を集めています。大腸がんは早期のうちは自覚症状が出にくいがんなので、早く見つけるためには検診を受けることが大切です。個人でがん検診を受けることができる他、各自治体でも検診代を補助しているところが多いため、少ない費用で受けられます。40歳を過ぎると発症するリスクが高くなるので、毎年受けるようにしておくと健康を維持することができます。特に女性は恥ずかしがって異常を感じても病院を受診するのが遅くなる傾向があるので、検診を受けておくと安心です。

Copyright © 2015 大腸がんに気をつけよう|定期的に検診を受けよう All Rights Reserved.