大腸がんに気をつけよう|忍び寄る気配を感じたら検査へレッツGO

先生

免疫機能を高めるガン治療

副作用がない治療法

3人の先生

ガンの治療には外科手術によるガン細胞の摘出、抗ガン剤による化学療法、摘出できないガン細胞を治療する放射線療法があります。これらの治療法は即効性がありますが、ガン細胞が再発したり転移したり、また激しい副作用で正常細胞まで傷つくことがあります。これに対して近年に注目されているのが免疫治療です。人間が本来持っている免疫機能を高めることによってガン細胞をやっつけるのです。従来の治療法のように即効性はありませんが、免疫力を高めるので副作用がないという特徴があります。免疫治療が人気があって支持されているのは、副作用がないからです。またガンを退治するのではなく、ガン細胞大きくしないで共存することによって延命効果を上げる点も人気の理由です。

ガンを攻撃する治療に進化

当初は免疫治療を受け入れる病院は少なかったのです。その理由は、本当に人間の持っている免疫機能でガン細胞が小さくなったのかどうかがわからなかったからです。しかし末期ガンと宣告されて手の施しようのなくなった患者が最後の拠り所としてすがったのが免疫治療だったのです。末期ガンと宣告されながら免疫治療によって延命する患者がたくさん出たため、次第に第四のガンの治療法として受け入れる病院が増えていったのです。その後、免疫細胞がガン細胞を攻撃するメカニズムが解明されて、新しい免疫治療ができるようになったのです。これまでの免疫力を高めるだけの治療からガンを狙い撃つ治療に進化しており、今後は免疫治療がガン治療のメインの治療となっていく可能性があります。

Copyright © 2015 大腸がんに気をつけよう|忍び寄る気配を感じたら検査へレッツGO All Rights Reserved.