大腸がんに気をつけよう|忍び寄る気配を感じたら検査へレッツGO

先生

予防する食べ物と検診方法

予防になる食べもの

女性医師

肺がんを予防するのに効果的な食べ物は、抗酸化作用に優れた野菜や果物です。抗酸化食材は活性酵素を取り除き、がんを予防しやすくなります。具体的には、ニンニクや人参などが肺がん予防効果の高い野菜です。緑黄色野菜の色素成分、カレースパイスに使われるウコン、ターメリックの抗酸化作用も見逃せません。肺がんが心配ならカレーを作る時も市販のルーよりも自らスパイスを調合し、ウコンを多めに混ぜましょう。外食が多くどうしても野菜不足、果物不足に陥りがちな方は、サプリメントもおおいに頼りましょう。マルチビタミン、ミネラルをサプリで補充するだけでも、肺がんを予防する栄養対策になります。もちろん添加物が多いサプリは健康を害する恐れがあるので、クオリティの高い良質サプリメントを選ぶことが大切です。

CTスキャンがある病院に

どんな病気でも初期段階に見つけることができれば、治癒までの道のりがスムーズになります。肺がんの早期発見を目指すなら、検診は高感度のCTスキャンがある医療機関を選びましょう。感度の高いCTスキャンやPETと呼ばれる断層撮影機器は、ごく初期の肺がんを見つけるのが得意です。患者側も、たった十数秒息を止めるだけで、肺の中を輪切りにするように映像にして貰えます。映像化された立体的な肺の中をチェックすれば、メスを使って胸部を切り開かなくても内部を細かい部分まで調べることが可能です。放射線量の被爆量も低く、安心して受けることができる検査方法です。セカンドオピニオンで使うかも知れませんから、CTやPET検診後画像を貰ったら保管しておきましょう。

Copyright © 2015 大腸がんに気をつけよう|忍び寄る気配を感じたら検査へレッツGO All Rights Reserved.